ポリカーボネートポリオールの製造方法

Production method for polycarbonate polyol

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a production method for a polycarbonate polyol capable of obtaining the polycarbonate polyol of higher molecular weight by treatment under vacuum lower than that in the prior art. SOLUTION: This production method for the polycarbonate polyol includes the first process for reacting a dialkyl carbonate and a polycarbonate polyol having 1,500-3,500 of number-averaged molecular weight as raw materials, under substantially normal pressure, and for consuming substantially the dialkyl carbonate while distilling away a by-produced alcohol, and the second process for obtaining the polycarbonate polyol having 4,000-10,000 of number-averaged molecular weight, by reacting a reaction product in the first process under 5 mmHg or more of decompressed pressure. COPYRIGHT: (C)2010,JPO&INPIT
【課題】従来よりも低真空で処理して、より高分子量のポリカーボネートポリオールを得ることができるポリカーボネートポリオールの製造方法を提供する。 【解決手段】ポリカーボネートポリオールの製造方法は、ジアルキルカーボネートと数平均分子量が1,500〜3,500のポリカーボネートポリオールを原料として、実質的に常圧下で反応して、副生するアルコールを留去しながらジアルキルカーボネートを実質的に消費する第一の工程と、第一の工程での反応生成物を5mmHg以上の減圧条件下で反応して数平均分子量が4,000〜10,000のポリカーボネートポリオールを得る第二の工程と、を有する。 【選択図】なし

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (6)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-2003206331-AJuly 22, 2003Ube Ind Ltd, 宇部興産株式会社ポリウレタンの製造方法
    JP-2003535936-ADecember 02, 2003バイエル アクチェンゲゼルシャフト脂肪族オリゴカーボネートジオールの製造法
    JP-2004352800-ADecember 16, 2004Nippon Polyurethane Ind Co Ltd, 日本ポリウレタン工業株式会社熱可塑性ポリウレタン樹脂の製造方法
    JP-2007521415-AAugust 02, 2007ノベオン, インコーポレイテッド溶融紡糸されたモノフィラメントまたは弾性テープおよびプロセス
    JP-2810548-B2October 15, 1998旭化成工業株式会社末端ヒドロキシル基を有するポリカーボネートの製法
    JP-S5556124-AApril 24, 1980Beatrice Foods CoManufacture of polycarbonate

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle