ワクチン組成物

Abstract

本発明は、少なくとも1つの抗原および配列R 1 −XZXZ N XZX−R 2 含有ペプチドを含むワクチンに関するものである。該配列中、 Nは、3〜7の全ての数であって、5が好ましく; Xは、正電荷の天然および/または非天然のアミノ酸残基であり; Zは、L、V、I、Fおよび/またはWからなる群から選ばれるアミノ酸残基であり; R 1 および/またはR 2 は互いに独立して−H、−NH 2 、−COCH 3 、−COH、20個までのアミノ酸残基のペプチド、ペプチド反応基、ペプチドがあるなしのペプチドリンカーからなる群から選ばれ;ここで、X−R 2 はC−末端アミノ酸残基のアミド、エステルまたはチオエステルでもあり得る。本発明はまた、少なくとも1つの抗原に対する免疫応答を増大させるためのアジュバントの製造における該ペプチドの使用にも関する。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (1)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2014508783-AApril 10, 2014エドゥアルド ナウウィル,アレクサンドル免疫系を調節するための免疫原性組成物およびその使用、疾患を治療および予防する方法、細胞再生を誘発する方法、ならびに免疫応答を更新する方法