Abstract

外科用ステープル(40)は、ベース部分(40A)と、ベース部分の各々の端から延び、自由端(40D)で終わるそれぞれの脚部(40B)とを備え、ベース部分は、脚部の自由端を互いに寄せて液体搬送管の穿刺部位で突き刺し、穿刺部位の両縁を互いに保持するように変形させることができる。ベース部分と脚部は、共通平面に対して直交方向にループをなして変形されるベース部分の中央部分(40C)を除いて、ほぼ共通平面内に位置する。ステープルの中央部分は、ステープラの端から突出する血液ロケータ・チューブをステープルが跨ぐのを可能にし、チューブが配置される穿刺傷の中央において、ステープルを閉じさせることができる。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (1)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2014516286-AJuly 10, 2014オキュネティクス・インコーポレーテッド眼の組織の閉鎖及び眼の人工組織の固定並びにその他の使用のための、締結器具、設置システム、及び方法