向精神作用をもたない新規なカンナビノイド

Abstract

本発明は新規な、向精神作用のないカンナビノール、およびこれらの新規化合物からなる医薬組成物であり、神経毒性、免疫または炎症障害を防止するために活性成分として立体特異的な(+)エナンチオマー、すなわち(3S,4S)コンフィギュレーションを有するΔ 6 テトラヒドロカンナビノール型の化合物からなる医薬組成物を提供する。この組成物は、中枢神経系の急性傷害、たとえば機械的外傷、心停止もしくは卒中に際して起こる血液供給の減弱もしくは低下による神経毒性の緩和または防止にとくに有効な医薬組成物に関する。この組成物はまたある種の炎症性障害、神経細胞の喪失を特徴とする慢性的変性疾患、および神経学的疼痛を含む慢性的疼痛の処置にも有効である。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (1)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2009522380-AJune 11, 2009シャンハイ ヘンルイ ファーマスーティカル カンパニー リミテッドShanghai Hengrui Pharmaceutical Co., Ltd.抗腫瘍活性を有するタキソール誘導体